こんにちは、たか兄です。

いつも応援ありがとうございます。

それでは、暫しのお付き合いよろしくです。
P1030967

FXを始めた頃、全てが初めての世界でした。

専門用語を新たに一つ覚えるたびに成長した気分になり、チャートパターンを覚えては楽しくなり、ただそれだけでトレードを繰り返し一喜一憂する毎日でした。

関連書籍や動画にブログ、良し悪しの判断も出来ずに食い付きました。

色々なインジゲーターを使い、色々な時間軸を表示し、色々な方法を試しては次の新しい物を求める事の繰り返しです。

そんなド素人でも1年の中で凄く勝てる月がありました。

おそらく多くの方が経験しているのではないでしょうか?

「自分のやり方は通用している、勝てる!自分の思った通り相場が動いている!」と思うほど勝てた期間があったのではないでしょうか?

完全に勘違いでした。

自分が相場の動きを読み当てたのではなく、相場がたまたま自分の取ったポジションと同じ方向に向かっていた、ただそれだけです。

相場がそれまでと違った動きになると、たちまち勝てなくなります。

資金は段々減って行き、最終的には何をすれば良いか分からなくなってしまいます。

そのままトレードを続ければ待っているのは破産、退場ですね。

その状況に気付ければ、やれる事が一つあります。

それは何もしない事です。

実はこれが一番難しいトレードだと思います。

負のループにハマっている時のトレードは、勝てる(可能性がある)所が分からないのにポジションを取ろうとする、負ける(確率が高い)所でポジションを取る、このどちらかを選択しています。

勝てないですよね。

仮に月平均で1万通貨で200pips負けると年間で24万円のマイナスです。

そこで一つのルールを作ったとします。

勝てる可能性のある所や負ける確率の高い所が分かってきたのでポジションを取る、今は分からないので何もしない、このどちらかを選択すると言うルール決めをします。

結果、しっかりと自分のスタイルを決め、そのルール通りトレードが出来る様になるまでポジションを取れないというルールです。

仮にルール作りに1年かかれば、その1年間はノーポジションと言う事で年間でプラマイ0ですね。

結果、1年間は何もしないトレードをしたと言う事です。

その1年間はプラス24万円の勝ちトレードをしたと言う事ですね。

「簡単に勝てるはずが無い」と言う事に気付く事自体が簡単ではないと言う事ですね。

「何もしない事」が理解できたとき、それはいずれ「待つ事」に変化しているでしょう。


それでは、来週も
頑張って行きまっしょい!!


H30年成績も見てね!
H29年まとめも見てね!


(いつも応援有難うございます

コメントは公開しない様に設定しています。
(スマホの方はPCモードのコメント覧からお願いします)